スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

薪ストーブパーティにシェフM参加!

20110221手帳
薪ストーブパーティに
参加して料理も作ります、という方が登場。
ピッツァ生地を粉から作るというので、
これはチャンス。覚えなくてどうする!
(写真はシェフの手帳。レシピがぎっしり~)



ピッツァ生地つくり、興味シンシンです。
私はそこまで手をかけたことがないので。(きっぱり)
今回ぜひ習得しようと虎視眈々。
でも、大変だったら散らかすだけになるし、
回したりしたらヤバいし、
見ていようかなぁと直前はちょっと弱気。

(実は、彼の本当の姿はシェフではなく、都内の某有名大学の先生。
数十人の学生相手にささっとイタリアンを作って食べさせる腕をもっている方だと
事前情報キャッチ)

当日!
シェフミッキー(この日ついた彼のニックネーム)が重そうなキャリーを引いて登場。
中から、エプロン、マイ調味料、マイフライパン&鍋、マイ秤が出てくる出てくる!
そして 

ジャーン!!! モレスキンの黒革の手帳(レシピ集)

わくわくです。




ピッツァ生地(ローマ風クリスピータイプ)作りの体験
(ローマ風生地は回しません。ホッ)
ボウル1つ、強力粉500g、塩10g、
ドライイースト25g、オリーブオイル50㏄、水250㏄
20110221ピザ生地
上記を手でこねて1つの団子状にする。(ソフトボールより少々大きい)
それををラップでぴっちりくるんで、
炊飯器に入れて『保温』で約1・5時間。
膨らんで水球の玉くらいになったのでOK、取り出す。

ピンポン玉2個分くらいにちぎって伸ばす。
これが1枚に相当。
この日は15枚くらいできました。
形は円が理想だけど、とりあえず鉄フライパン(スキレット)に載るサイズでOK。

コロナビールの壜が伸ばしやすかった。




ここからはシェフMのささっと料理
20110221ナス
まずはナスから

201100221カジキ
次はカジキ


20110221ポテト
男爵イモとタコ

20110221ツボダイ
ツボダイの開きもイタリアンにアレンジ!

そして口直しにズッキーニのミント炒め。

この合間に、定番の地鶏丸蒸しとローストビーフ。

もちろんピッツァも!!!

シェフ、ありがとう!!!


みんな大満足で寒さもふっとびました。

ぜひ、また来てね♪


スポンサーサイト
2011-02-22(Tue)
 

2月のラウンド、夜は雪

20110214湯気
寒さのせいなのか、湯気のたつものにとても魅かれます。
お風呂、お料理、飲み物
ちいさい水滴にも、ほ~っとしたりして。




高根カントリークラブ(埼玉)でラウンドをしてきました。

そうそ、バレンタインということで

レストランではKISSチョコレートのサービスがありました。(なつかしい)

あまったたくさんのチョコをもらって(同行した人はだれも食べない。なぜ?)

ラウンド中に食べたら、すこし気持ちがほぐれました。

ここは、真夏は氷おしぼりがあったり、水筒をもたせてくれたり

シューズの湿気とりがあったりと、あれこれとサービスがいい所です



さて。

レッスンで習った右手親指に気をつけながら、

そして頭(あご)があがったりしないように、アドレスを気をつけて、

腕の角度も気をつけて(ああ、たくさんありすぎ)打ったつもりでした。

(だから写真を取る余裕もなく)

で、いっぱい気をつけていた結果が・・・・

スコアカード横につけはじめた

このホール、Dがよくできた ○
このホール、Dがだめだった ×

のD(ドライバー)記録は○がたった1つ。

(コレ、ブログ友達に教えてもらいました。すごくいいです。○があるとなぐさめになる)

打ちあげてしまったり、ヒールにあたったりで、やっぱり今回も○は1/18。

体が自然にそう動くようになるまでには、かなり時間がかかるというですね。




だから、もういちいち自分にがっかりきたり、なさけなくなったり、

その結果ふてくされたりするのを止めようと思いました。


なんだかソンしているような気になってきたので。


そうはいっても、こういう気分になってしまうのはしかたないので、

そこは自分に甘く許すことにして。(ストレス解決は、冬物セール ←結局口実か!)



しばらくはこんな調子でラウンドなのだろうなぁ(遠い目)。






おまけ

で、その夜!



20110214雪1

20110214雪2


ゴルフ場から戻るとき、ぽつ・・・と雨を感じたと思ったら

夜は雪。

雪に慣れていないので、うれしいです~♪

でも1日ずれていたらラウンド出来なかった・・・。 あぶない、あぶない。



 2月のラウンド記録
2011.02.07    126 (43)
2011.02.14    130 (49)


2011-02-15(Tue)
 

親指の力

2月公園雪
雪が降りました!
公園もどんどん白くなりました。
この雪の中、ラウンドしている人は、
早くクラブハウスに戻りたいだろうなぁ。
さて、レッスンでは毎度毎度、目からうろこが落ちますが、
今回もぼろりと特大の一枚が落ちた感覚です。
それは、親指の力でした。




無意識にぎゅーと押さえていた右親指を先生は目ざとく見つけ、
それをやわやわにしようと。
親指の無駄の力をぬこうということでした。

理由は、
クラブを振りあげたとき、右親指の動き次第で、
その後の無駄な動きや力がひとつ不要になるから♪
別の言い方をすると、
クラブを振りあげた軌道でおろすためのひとつの工程でした。

納得
これは早々にモノにしたい!


私なりの理解ですが、
振りあげたクラブのしなりは、硬い親指でうけとめると
ヘッド位置がばたついて不安定になるようです。
そうなると
素直に振り下ろすということができなくなる(軌道が不安定になる)ので、
ミスの原因に。

そこで、親指(もしくは手首)が
しなりを吸収できるやわらかさ(繊細さ)がもてたら、
勢いをやんわり受けとめられる、という感じでしょうか。
たとえると、右手親指あたりが、
車のサスペンション、スキーのひざ、になるようなものかなぁ。



しなりを受けとめるという感覚は
文字にするとほんのちょっと待つ、という感じでしょうか。
手のなかでしなりを吸収しているとか、
親指が柔らかく働いているなんて細かいことはわかりません。
ちょっとだけ降ろすのを待つ、が近い感覚。
って、偉そうに書いてもできるのは、たまに。
ついつい打ち急ぐというか、待つタイミングが測れずにミスしてます。

今回も気長にやるか・・・。





そして、練習していて気づいたのですが、
最近やっているスイングにはちょっとメリットがありました。

それは、疲れにくいという点。
スイングでは腕の力を抜くことも必要だったので、
腕の力が抜けるようになってからは、
ドライバーの練習をしていて、以前のように「はっ」という息がなくなりました。
(!)
最近は、軽く打っている感じで、
何打も打てそう。(実際は失敗ばかりだけど)

体力UPを期待しにくいアラフィー世代としては
ちょっとうれしいできごとでした。

来週ラウンド予定です。
天気予報はなんと雪 あうっ


2011-02-11(Fri)
 

祈り

st.maria.noverra

入院している友人がとても気になっています。
大きな手術をしたので、
「退院したわ」、の連絡を待っているだけの日々。
待つだけというのも忍耐。
でも友人は忍耐しつつ日々闘っているはず。

何もできない、
祈ることだけ。
でも、
信じて待つ。


2011-02-08(Tue)
 

パイプオルガンコンサートin築地本願寺

築地本願寺
インド風の顔つきですぐわかる築地本願寺。
ここは浄土真宗本願寺派(西本願寺)の東京別院だそうで。
つまり京都のあの西本願寺と関係がある!
そんなことを私は初めて知りました。





築地本願寺で開催されたパイプオルガンコンサートに行ってきました。

「教会じゃないのに、寺院で?」って思いますよね。

私もオルガンに詳しい友人にさそってもらって今回初めて知った次第です。


築地本願寺オルガン
オルガンの位置は、本堂入口すぐ。
演奏前に本願寺専属のオルガニストが音のチェックをしていました。
高い天井、茶色に光る欄間の彫り物、教会のような柱の列。
身近なはずの寺院が妙にエキゾチック。



築地本願寺パイプ
コンサートホールのパイプオルガンに比べたら少々小ぶりだけど、
チャペルとの比較なら負けないサイズのパイプオルガンです。
そして年に数回パイプオルガンコンサートが開催されているそうです。




一音に陰影がつけられるピアノと違って表現が難しそう。

でも音がどんどん重なって複雑な構造になってくると、

まるでオーケストラ!

この楽器を演奏するということは、

勢い思い切りの良さをもって、楽器を響かせることなのかなぁ。

(ゴルフにもこのふたつは大切だわ)



演目はヴィヴァルディ、バッハ、スカルラッティなど、

パイプオルガン初心者の私にも、なじみのある作曲家の曲で、

しばし心はヨーロッパの教会にトリップです。




この日の観客は平均年齢がかなり高めで女性8割。

前列のおばぁさま方は、演奏前にものすごい勢いで互いに

病気の近況報告をしあっていました。

気持ちはわかるけど、天井が高いぶん声が響いて、

正直うるさいなぁと眉をひそめたのですが、

演奏の最中はしずか。こそとも声をかわしません。

  よく見たら眠っていました。 …しゃべり疲れか。




そういえば、隣の別院で中村富十郎氏の葬儀が行われていました。

遠目にも目をひいたのは、一人の喪服(着物)姿の女性。

姿勢も動きもキレイ。かくありたいと思わせるたたずまいでした。

ニュースで見たら、あのご夫婦も参列されたようです。

ちょっと見たかった。


2011-02-01(Tue)
 
プロフィール

paradizo

Author:paradizo
ゴルフ歴4年、でも
これまでの最高スコアは、110台を一度だけ。
たくさん打つので、カウンターが欠かせません。
そんな「いつまでも初心者」の気持ちを綴ってます。
ラウンドしてないときは、旅行や食べ物、美しいものに思いをはせています。

最新画像
検索フォーム
ご意見・ご感想はこちらからも
メールソフトが使えない場合はこちらににどうぞ。公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。