スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

やっとゴルフ


アルチビオのaとワニ
どうぞ、いいラウンドができますように。



3月は地震と原発、
そして花粉の嵐。
なんだかんだと予定できなかったラウンドに
やっと行くことに♪

鮮やかなパンツは初の赤。
そしてポロは白。
なんとなくめでたい色あわせは
気持ちを上げたくて選んだから~

こんな祈る気持ちはなぜかというと、
キャディ付きラウンドだからデス。

そう、いままでセルフでしかまわったことがないんです!!!

キャディ付きは極力というか、
ぜったい避けたかったから。

だってもし、

この方向100ヤード打ってください」

なんてことを言われたらどうしよう!とか、
ボール探しばかりさせてしまうかもしれない、とか
とにかく初心者ならではの(ベテランはどうとも思わないだろう)
ドキドキやら遠慮やらが山ほどあって。

ああ、明日はいいラウンドができますように。祈!
(一体何に祈っているんだろう ワタシ)




スポンサーサイト
2011-04-29(Fri)
 

日記●アニメソングを他言語で聞くと

2011-03-29 10.54.10
みずみずしいといえばこんな感じ


新しいサントリーウーロン茶のCM
聞きましたか?

アラレちゃんの中国語バージョンです。

『ウォーライラ ウォライラ あられチャン~』
(又来了 又来了 あられちゃん)

と歌ってます。

オリジナルとちがって
ふわふわした単語の響きが
優しい印象で、
しかもモデルのみずみずしい感じの女の子の視覚効果もあって
はちゃめちゃでないあられちゃんをイメージしました。



以前タイヤのCMで誰かがアトムを
英語で歌ってたときも
さらりとして優しい印象の歌い方だったので、
実態はアトムもあられちゃんも
「元気いっぱい・いざとなると破壊しまくり」タイプなのに、
すっごくやわらかい優しいキャラクターのように思えたのが面白かったです。


歌いかたひとつがものすごくキャラクターイメージを左右するんですね。


できれば今度はアラビア語などで鈴の音を添えたりして聞いてみたいです。
エキゾチックなアトムやあられちゃんになるのかなぁ。


2011-04-26(Tue)
 

グアムの春合宿2

#谷、谷、谷のストレス

RIMG2138.jpg
3月にこの景色。夏~~
(ま、ここでは年中こうなんだろうけど)




「パーマー」も「二クラウス」も谷がいっぱいあった、
…ような。(このあたりおぼろ)
あ、これは白ティの話。
これらの谷の多さが結構プレッシャーになっているようでした。



RIMG2120.jpg
青ティからの眺め。谷です。

RIMG2122.jpg
白ティからだと…

RIMG2123.jpg
橋を渡って振り返るとこんな感じ。
樹の種類がいつもと違う。




どちらの何番ホールか忘れてしまいましたが、
ホールの途中で出てくる谷がどうしても越えられず、
そこにくるたび、「またここか」「前回越えられなかった」
といや~な気持ちを思い出すホールがありました。

私の問題は3打目。これが谷越えになるので、
2打目をなるべくコースの先端におとして、越える距離を少なくする、
という進み方で臨んだのですが、
1回目、コースの端に落とすのにちょっと飛びすぎて失敗、紛失。
2回目、コースの端に落とせたけど、越えられなかった。(5ウッド。3は無いので)
3回目、コースの端に落とせたけど、越えられなかった。(5ウッド)
4回目、覚えていない。(確かとってもイライラしていた)

距離はどれほどだったのか。(うつろ)
ドライバーの次に長い5ウッドでも
届かないのではね・・・。

じゃぁ、男性なら2打目でラクラク越えかというと、
意外と、大きく曲げてしまう人、引っかけてしまう人、いろいろでした。
順番待ちしながら上から眺めていて、
飽きないホールでした。



RIMG2126.jpg
右側の屋根はシャワー(スコール)よけの屋根。
最終日、ものすごいシャワーにあいました。


2011-03-07 11.01.50
シャワーが去るといきなりこんな感じの青空~。

2011-04-20(Wed)
 

グアムの春合宿1

#1リゾートというよりゴルフ合宿に最適

(3/3~3/8のゴルフ合宿記録です。
少し前に書いたものですが、行かれる方の参考になれば・・・。)


20110304
寒い中のゴルフはつらい。
そこでグアムへ。
成田から3時間飛んだら
真夏でした。




ゴルフに専念するのに最適!


「ラナイ島のゴルフ」の次に教えてもらったのが、
この『レオパレスリゾート』(グアム)のゴルフ。
おすすめ理由は、
ゴルフに専念できる!からとのコメント

実際そのとおりでした。
なぜならゴルフ以外にすることがほとんどナイから。

このときまだプールはシーズン前だったらしくフードサービスはお休みで、
しかも持ち込みも禁止。(T_T) 
暑いんだからビールくらいなくては座っていられないよ~。
ちなみに、今回は最初から予定してなかったのですが、
もしビーチに行こうとしたらシャトルバスで30分くらい。
ここからはちょっと遠いかな。



P3031340_convert_20110311191852.jpg
部屋からの眺め。プールと巨大な池

20110304グアム
ジンジャー、ハイビスカス、ブーゲンビリア、南国の花

となると、
2ラウンドするか、打ちっぱなしをするか、レッスンを受けるか、
の選択になって、結果ゴルフ漬に最適に。


RIMG2101_convert_20110311194335.jpg
内藤雄士ゴルフレッスンはこちら(要予約)。
ドライビングレンジ(270ヤード)もここ。
(1カゴ80球5ドル、室内にある割引チケット利用で)


温かいと故障が少ないのですね。
施設内の展示を見るとあらゆるスポーツ合宿が常に実施されているようです。
Jリーグサッカー、アテネオリンピック強化合宿水泳、
プロ野球、ジュニア強化ゴルフ(抜粋)。

確かに、団体でやってきても困らないゆったり感。
そして大き目のコンビニも。
野菜や肉などの生鮮品はないかわりに
ラウンド用ランチのサンドイッチから
お休み前のワインまで一手に引き受けてくれました。
ホテル棟のほかに長期滞在用コンドミニアムがドコドコと建ってたので、
グループでこっちに滞在して、レンタカーで街に出て
食材を買ってキッチンで料理をすれば、
別のたのしさもありそう。


P3041360_convert_20110311192621.jpg
斉藤ゆうちゃんのサインユニフォームも(右)

ホテル正面
ホテル正面。バナナの木が巨大

ロビー
ラウンジも天井高がすごい~。

南のゴルフ場といっても、
ここは日本語が十分通じるし、
ラウンドしている人はほとんどが日本人なので、
ラナイ島のような非日常の感覚とはまったく別でしたた。
でも、施設の建物はゆったりしていて、
レストランもまったりしていて、
すべてが南特有のおおらかな雰囲気。
緊張しないでゴルフに没頭できます。




コースは2つ

コースの特長は、スタッフいわく
トリッキーな「パーマーコース」
女性に優しい「ニクラウスコース」

私には「優しい」というのはぜんぜん感じられなかったけど、
(とにかく前進するのにいつも必死)
パーマーコースは確かに
白ティからは谷越えが多いしその距離もあるから要技術という感じでした。


・・・・いや、どっちもかなり谷越えがあったと思う。
ちっともレイアウトが覚えられない、そんな余裕がないんですまだ。


1日2ラウンドも可能で(有料)、1人ラウンドも可能。
ここに1カ月滞在するという方は1人でストイックにまわっていました。
(偶然2日つづけて前か後ろで一緒だったので聞いてみた)
通常カートはカート道のみだけど、どうやらシルバーは
カートに青旗つけて乗り入れてました。
1ラウンド88ドル(宿泊者料金。他ホテルだと110ドル、ハイシーズンはもう少しUP)
で、1日2ラウンドを目標にしたけど、
やはり私は途中でダメでした。暑すぎて~。

本来なら寒くてダウンやセーターを着る時期なのに、
「暑すぎて(ゴルフは)もういい」なんて・・・。

すっごく太陽を贅沢に使っている気分。

RIMG2105_convert_20110416154121.jpg
白は谷越え

8
ここも白は谷越え



2011-04-16(Sat)
 

早めにコック

グローブ
ゴルフわくわく感がなかなか湧いてこないなか、
見つけた春グローブ。「えっ」て感じのカラフルさ。
これでラウンドする、と想像したら
ちょっと楽しくなってきました。




ものすごく久しぶりにレッスンを受けてきました。
最終回に習ったことなどは
地震・原発ショックに吹っ飛んでしまっています。


「で、どうやって振るんだっけ」に近い気持ちでのぞんだら、
自転車の乗り方を忘れないのと同じで、
思っていた以上に覚えていたみたい。
で、覚えていたってことでそれだけでほっとしてしまいした。
(大きく後退してないってことだから)



私のスイングは腕とクラブが一本棒のようになって
スルスルとトップに向かっていくのですが、(←躍動感がない)
ここにひとくふう加えると、今より強いボールが打てる、ということらしい。

今日習ったのは、コック。「早めにコックをつくろう」。
そのための練習でした。

コックを作るタイミングは、テイクバックに入る直前で、
まず手首から始動(コックをつくる)。あとはこれまでの動き。

意識したのは順番だけで、手首→振り上げ、って感じでしょうか。

スイングを画像で見ると、
私の目にはイメージしていたほど早くにコックが出来ている感じはしないけど、
いまのところこれでいいらしい。

これを体で覚えるために1、2、 1、2、でリズム練習。

なんとなくできたように思うけど、
マトのどこに当たっているのかがどうもよくわからない。

練習場で確かめたい!

すっごく久々、練習場~



2011-04-14(Thu)
 

日記●繊細な桜

さくら2




曇天に満開のソメイヨシノは迫力だったけど、
こっちの透け感のある枝垂れ桜もいいと思う。




散り桜
こんなふうにはなびらで水面が見えないのも
とっても満開感



●昨夜と今朝の地震●
地震後1カ月の昨日から大きな余震が続いてます。
イヤなのは地震そのものでなく、
不安定な原発は大丈夫かと心配になること。
地震はこっちで引き受けるから、
福島に大きい地震は起こさないで、
って気分です。



2011-04-12(Tue)
 

日記●迫力の桜

さくら




近所のソメイヨシノが満開になりました。
木の下に入ると、
もう空は見えません。





神田川
新宿方面にむかって
神田川に沿って桜の道ができました




2011-04-11(Mon)
 

今日の一枚 #19

憩い


「憩いのはずが・・・」


ちょっと見は、庭園を眺めながらの
憩いのひととき。

まだ花のつぼみは堅くて
色はあまりないけれど、
庭木や苔に落ちた日差しが緑の濃淡を描いていました。




このとき、私はこんなことを考えていました。


「向こうのひなたに座った人たちは何を考えているんだろう。

個人的な思い?
それとも・・・
もしかして原発のこと?
これまでの日常が遠くになったことを不安に思っているのかなぁ。

まさかね。ここは観光地、日常に影響がなければ原発の心配などしないだろう。
いや、不安はあったとしても
たいていは目先のことにまぎれてしまうだろう。
実際私もそうなんだし。
あえてそうして不安をまぎらわしているところもあるし。

ACジャパンのTVCMが流れるたびにちいさくイライラしているのは、
嫌でもこれまでの日常とは違う現状を思い起こすから。
原発の状態が安定するまで
こんな気持ちが続くんだろうか」

せっかくの非日常の場所だったけど
心落ち着くこともなく、
あれこれ思ってただ時間が流れただけでした。





このときから約2週間が過ぎ、
窓の外には 公園の桜の花びらが風に舞ってます。
地震直後、避難のために集まった公園に
今日はお花見でたくさんの人が集まっています。

それをホッとした気持ちで見ています。


「自粛」とか「不適切」ということばに縛られての、
意味のない横並び自粛に左右されないようにしたいと思っています。
活発な経済活動が今意味あることだと思うから。
だから、
ゴルフができる状況の人は、ゴルフに戻ろう
(これがいいたかった♪ はぁー)





2011-04-10(Sun)
 

今日の一枚 #18

下賀茂神社1


「水平の線」

神社仏閣をみていると、
このころの日本の建築は水平の線が重要なのかも、と感じます。
ヨーロッパの大聖堂が縦に縦に、と天をめざすように垂直に伸びているのとは
対照的。
それは材料の石と木の違いなのか、
それとも天上を重要視するヨーロッパの宗教観からくるものなのか、
わからないけど。

水平の線が何本も重なるとこんなに目をひくなんて。
けっして色のせいだけではないと思うんですよ。(下賀茂神社)






下賀茂神社2
結婚式の記念撮影を見かけました
丹色の背景に、白と黒、
美しい配色でした







2011-04-09(Sat)
 

今日の一枚 #17

雨受け



「雨受け」


建築用語で何という名前を使うのか
わかりませんが
軒からしたたる雨を受け止める地面の造作だと思います。

雨が降って、庭園の色がなくなるとき、
この丸くてすべすべした石はたぶん黒光りしてきれいに見えると思います。

それを屋根瓦で囲って全体を波打たせたところがちょっとおもしろいなぁと。

設計者は楽しんで作っていたんだろうなと想像しました。

(三千院)



(もう京都から戻ってますが、まだ少し写真があるので紹介します)
2011-04-08(Fri)
 

今日の一枚 #16

御所のわだち



「わだち」

砂利道を自転車で走るには
けっこうな力が必要だから
前の人の跡をみんながなぞって
自然とできた自転車のわだち

寄り道しないでまっすぐのびているところが
生活道って感じがする





●「今日の一枚」のこと

実は京都で撮っていました。
目がジーン熱くなったとき、
それから心ひかれた一瞬に
その対象を確かめるようなつもりで。

震災と原発不安でだれもがストレスが多くて
胸がふさぐことが多いと思います。
そんな中でも緊張がほぐれた瞬間がいくつかありました。
ほとんどが「普通の日常」のような特別ではない時間です。

ブログを見てくださる方にも
つかのまホッとしていただけたら
嬉しいという気持ちもあって載せてましたが、
京都なのにあまり名所がなくてごめんなさい。

また、人は慣れることができるすごい能力をもっていると
実感した期間でした。
私の場合は不安を抱えたままの安定というか・・・。
でも、このまま慣れてしまうのはよくないと感じています。
被災地も原発もまだ何もよくなっていないので
注意はおこたらないようにしていこうと思ってます。


●タネあかし(撮影場所)
#1「花」       花屋さんで買った花
#2「木造の塔」    東寺 五重の塔(南区九条町)
#3「桜餅」     「鳴海餅」(東寺の近く)
#4「紅梅」     「北野天満宮」
#5「つくし」     ホテルのロビー
#6「坪庭」     「サロン遊形」(姉小路通麩屋町)
#7「白のれん」   豆腐屋(麩屋町通)
#8「のれそれ」   「丸藤」(宮川町)
#9「花」       花屋さんで買った花
#10「コーヒーテーブル」 イノダコーヒー本店(堺町通三条下ル)
#11「雪柳」    「要庵 西富屋」 玄関(富小路六角下ル)
#12「桜」     「京都工芸繊維大学」(左京区松ヶ崎)
#13「障子」    「三千院」(大原)
#14「桜」     「京都御苑」(御所北側)
#15「犬矢来」    蛸薬師通(・・・たぶん)
#16「わだち」   「京都御苑」(御所北側)



2011-04-07(Thu)
 

今日の一枚 #15

犬矢来



「犬矢来」(いぬやらい)


建物の外壁の保護などが目的の
犬矢来
写真のようにたわませたものから、
格子に組んだものなどデザインはさまざま

街並みの印象をつくっている美しいアイテムだと思う



2011-04-06(Wed)
 

今日の一枚 #14


「桜」
他はまだこれからぼちぼちなのに、
ここは満開の桜がいっぱいでした
天気もよくて、気分もぱーっと晴れやかに
そこで一気に桜を4点のせます



青空と枝垂れ桜

「青空と満開枝垂れ桜」



ベテラン舞台女優

「ベテラン舞台女優」

華やかなフル装備の舞台女優、またはサンバの踊り子が
「出番です」の声を聞いて椅子から立つときのような感じがしませんか
これはまだ腰が伸びていないので
立ち上がる途中ですね




滝枝垂れ

「滝枝垂れ」

上から下へ、切れ目なく、
まるで滝





舞子はん

「舞妓ちゃん」

ういういしさが舞妓ちゃんそのもの




他の場所の桜は
これからってところなのに
なぜここだけこんなに満開なのか?と尋ねたら
「日当たりがいいから」
・・・納得です
(京都御苑の桜)






2011-04-05(Tue)
 

今日の一枚 #13

障子



「障子ごしの明るさ」


私の日常に障子はないので
ここで見た障子の明るさに
すこし目を見張る思いでした
もっと暗いものと思い込んでいたので

影ができない明るさ

やわらかい






2011-04-04(Mon)
 

今日の一枚 #12

さくら



「桜」


ソメイヨシノより
花弁がすこし長めの
八重咲き桜を発見

調べてみました
御会式桜、いぼ水桜、十月桜
どれもすこし違う・・・



2011-04-03(Sun)
 

今日の一枚 #11

うのはな


「雪やなぎ」


たっぷりとした活け方が迫力!
一種で仕上げたところが
潔くてかっこいい




2011-04-02(Sat)
 

今日の一枚 #10

inoda


「コーヒーテーブル」


喫茶店のよく使い込まれたテーブル
どうってことないけど、なんだか
いい感じ
ずっと使ってきたということが
たぶんいいんだろうな





2011-04-01(Fri)
 
プロフィール

paradizo

Author:paradizo
ゴルフ歴4年、でも
これまでの最高スコアは、110台を一度だけ。
たくさん打つので、カウンターが欠かせません。
そんな「いつまでも初心者」の気持ちを綴ってます。
ラウンドしてないときは、旅行や食べ物、美しいものに思いをはせています。

最新画像
検索フォーム
ご意見・ご感想はこちらからも
メールソフトが使えない場合はこちらににどうぞ。公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。